炭酸泉自宅・ナノバブル炭酸泉温泉
ナノバブルだから42℃の高温湯でもOK!

ナノバブル炭酸泉

製品名称:タンガス

技術優先のホームページ取っつきにくい、とのご指摘があり、
下図にソフトタッチのイメージ画を追加しました。

タンガスは、炭酸風呂・炭酸足湯に大活躍です!
心も豊かになります。



当製品は「電気用品安全法」の医療用物質生成器として
認定機関より電気安全試験をパスしており経済産業省より
PSEシールの
添付を認可されている製品です。


ご存知ですか!
バブルサイズは炭酸泉性能の決め手のポイントです。
その理由を下図に示します。

何らかの目的があって、炭酸泉導入を真剣にご検討されている方は
当ホームページを立ち読みではなく、真剣に
お読み下れば幸いです!

バブルサイズによる皮膚との接触点数の違い比較(下図)
皮膚との接触が多いほど、炭酸ガスの体内吸収が比例増加します!



   「これだ〜!」と思っていただけるのでは・・・・・。


当社世界特許技術ナノバブル生成器搭載
のハイテク
高性能炭酸泉風呂装置です

製品名  商標登録済み

家庭用炭酸泉風呂
炭酸足湯

炭酸泉は炭酸バブルを皮膚を通して浸透させるのが目的です。
弊社の装置で生成するナノバブルははマイクロバブルに比べ最低でも約400倍
皮膚への接触面積があるため圧倒的に効率が良いものとなっています。
 


簡単な図解例をこのページの第8項に記載しています。

ナノバブル別称:ウルトラファインバブル
別の用途として、炭酸水、酸素水&チッソ水製造にも使えます


 参考用別売品 
   
炭酸水製造装置
酒を旨くする装置
ナノバブル生成器
(世界特許) 
クリックでジャンプ 






デモ機貸出中

デモ機貸出中

デモ機貸出中

デモ機貸出中

デモ機貸出中

試して納得



炭酸足湯無料体験コーナーあり

炭酸足湯無料体験コーナーあり

炭酸足湯無料体験コーナーあり

炭酸足湯無料体験コーナーあり

炭酸足湯無料体験コーナーあり

炭酸足湯無料体験コーナーあり



試して納得

試して納得

試して納得

試して納得

試して納得

試して納得



問合せ
047-495-5336

問合せ
047-495-5336

問合せ
047-495-5336

問合せ
047-495-5336






 
湯水中のバブルは見えていません!
もし、ナノバブルが存在しないとすると、湯中の
足色はINとOUTでは同じのはずです。
足を炭酸湯から上げて確認すると明らかな違いが
分かりますが、「写真掲載すると薬事法違反になる」と当局から
指摘を受けていて画像掲載出来ません。


弊社特設足湯コナーのデモ機で
体験していただければ一発納得です。

驚きのナノの世界
・弊社タンガスで生成する炭酸ガスバブルは
   全く目に見えないどころか、測定器で測定を試みても
測定限界を超えているため測定できません。

ナノバブルは見えないのです。

・代案として窒素ガスをバブル化してそのバブルサイズを
測定しました。
その結果、200ナノミクロンサイズのバブルが
1cc当たり1億個以上あることが確認できました。
(測定グラフを所有しています)

炭酸バブルは小さすぎて測定器の測定下限値を超えているか、
   完全に湯の中に溶け込んでしまって測定不可
であるものと判断しています。

・無限大数のナノバブルを水中に拡散させた状態の
ナノバブル炭酸湯が左の画像です。

・なお、この測定結果から、タンガスの炭酸バブルサイズが
    200ナノミクロンであると仮定(想定)してマイクロとナノのバブル
サイズの比較計算を、下記第8項に掲載しました。


製 品 案 内
HOME
インラインミキサ 噴霧ノズル
二流体ノズル
 
細霧冷房装置
ガスタービン
吸気冷却

エマルジョン装置
減温器  炭酸泉装置
炭酸・酸素・水素水装置酒を旨くする装置
炭酸水濃度計
アクセス 会社案内
デモ機あります        
無料足湯または手湯の体験コーナーをご用意しています
「 試して合点と言いますが、ほぼ100%の方が納得購入されています


 1.装置の概要 

 
タンガス本体画像

 備 考
・本体を床に置くだけで済み工事関係は一切不要です
 手作業だけで簡単に使用準備OKです。
・装置には本体のほかに、炭酸ガス減圧弁と取付スパナ、ガスチ 
 ューブが付属します。
・炭酸ガスボンベ手配と代金、ガス代はお客様負担です
・風呂用、足湯用双方に使えます
・本体重さ6kgのため簡単に持ち運びできます
 (高さ約30cm)
 外観は予告なく変わることがあります
・炭酸装置1式の画像は下欄に掲載されています。


  (電安法安全基準検査適合品:PSE

炭酸泉装置の全体イラスト 
 


2.装置の価格と仕様  
 設置場所:屋内の浴室外で水気の無い場所

 装置1式概要
 設置工事:不要
 本体寸法:幅18.5cmx奥21cmx高32cm
 外装:PVC、アイボリー色
 電源:100VACx50/60Hz
 タイマー:電源スウィッチ兼用
      設定時間 最大30分
 給排水蛇腹循環ホース2.5mx2本: 1式
 運転方法
タイマー時間設定による自動循環水方式
 運転時間: 20分前後(標準的浴槽200Lで湯量
150Lを循環させた場合)
 ガス代目安: 5kgボンベ使用時で1回の入浴に対し
          80円程度(浴槽の場合)
          5円程度(足湯の場合)
 装置価格一式:

       オープン価格としています。
梱包、送料は別途申し受けます。
タンガスセット同時ご購入のお客様には、炭酸ガス濃度測定器
  を特値で提供します。
納 期
 通常時は受注後2〜3日、在庫切れの際は2〜3週間程度になります。
         

炭酸泉装置1式
   ガスボンベは1Kg入りの見本です。
   なお、ガスボンベはお客様手配です。


(外観は多少異なる場合があります)
  *装置概観は予告なしに変更する場合があります。


貸出デモ機あります

弊社にてデモ体験もできます

(足湯あるいは手湯限定)


  3.装置の性能比較 
    A 社   B 社   タンガス(当社)
  炭酸濃度ppm  1000 1000  1000 
 炭酸泉湯温 ℃  36〜38   36〜38   36〜42 
 炭酸気泡浮上     沢山見える    沢山見える    見えない、又は殆ど見えない
 理 由        マイクロバブルだから  マイクロバブルだから   ナノバブルだから
 炭酸気泡の皮膚付着   大きな泡がたくさん
 まとわりつく
 大きな泡がたくさん
 まとわりつく  
  泡のまとわりつきは目では確認出来ない
  肌ざわりがとても柔らかい 
    メリット   ーーー  ーーー   ナノバブルのため炭酸ガスの体内吸収が
 飛躍的に効率的に行われる
  専門員による
  定期メンテナンス 
   −−−    −−−   不 要 
  定期消耗品   ーーー  ーーー   無し
  炭酸ガス代  ーーー  ーーー    80〜100円程度(1回あたり)
  取り付け工事   有  無   無
  価   格  100万円台  60万円台  オープン価格


4.装置の信頼性 
 電気用品安全法に基づいて国の指定検査機関による技術基準に適合しています。
 適合の証としてPSEシールの装置本体への添付が国から許可されています。

5.体験コーナー
 弊事業所では炭酸足湯又は手湯のお試し体験用コーナーをご用意しています。
 ご遠慮なくお使いください。
 但し、事前予約を電話あるいはEメールにてお願いいたします。
 TEL 047-495-5336 Eメール:sugiur @sinyu-giken.co.jp (
@の前に a を入力してください)。
 受付時間 土日、祝日を除く月〜金の9.00AM〜5.00PM
      なお、土日および祝日でもご相談ください。
 備 考:お湯は新湯をご用意し、デモ装置は毎回殺菌剤で循環洗浄しています。
     足湯体験された人は「
試して納得」となるためほぼ100%ご購入されています。 


6.装置の安定性
 部品は99%が名の通った日本メーカー製を使用しています。


7.炭酸水濃度計  フリフリ 
 「炭酸濃度がどれくらいになっているか確認したい」との
 ユーザーの声に応えるべくお手軽な炭酸濃度計を開発しました。
 
 (従来他社品はお安いもので40万円、高いもので600万円程度します)。
 
 製品名:フリフリ
 フリフリは数秒で測定値を確認でき、大人なら誰でも簡単に操作できま  す。
 
 価 格:単品購入の場合は¥35,000.(送料、税別)
     タンガスと同時購入の場合は¥15,000.(送料、税別)
 


8.ナノバブル(NB)とマイクロバブル(MB)の炭酸泉比較

 ・バブルは球のため直径をD、表面積A,:  表面積 A=πD2、
 ・直径サイズの異なるナノD1とマイクロD2バブルを単純比較すると:  πD12/π D22=D12/D22
  となり、単純面積比較では直径の二乗に比例します。
 ・通常のコピー用紙の厚みは0.1mmでミクロン換算すると100μm となります。
  NBは見えないのに対し、MBはどうにか見えるサイズとしては直径で4μm(コピー用紙1/5の厚み)
  になり、水中では下の画像のように白濁状に見えます。
  いわゆる、見えるバブルです。

   透明塩ビ製円筒容器  
 左の画像は典型的なマイクロ バブル水です。
 画像を少しだけ拡大すると泡  がくっきり見えます(4ミクロン
 程度)。

 ・弊社のタンガスではバブルは見えません。
  そこで、大手計測器メーカーの協力でバブルサイズを測定したところ測定値の下限を超えているため 
  か計測できませんでした。
  ただし、炭酸濃度計では1000ppm以上の濃度になっているのを確認できています。

  備 考 MB:マイクロバブル、 NB:ナノバブル

 下の表は4MBと200NB (=0.2ミクロン)の性能比較です:
4μ対0.2μの比較 幅比較 皮膚接点個数 皮膚接触個所 
MBφ4ミクロン 4/0.2=20倍 1
NBφ200NB(0.2ミクロン)  0.2 80個  80 

 備考 (1000ミクロンは長さでいえば1.0mmです)。
     4ミクロン=20/1000=0.02ミリメータ(マイクロバブルの直径)
     200ナノミクロン=0.2ミクロン=0.2/1000=0.002ミリメータ(ナノバブルの直径)
     *ご参考までに、コピー用紙1枚の厚み: 0.1ミリメータ(=100ミクロン)
      0.2ミクロンを長さで表すと=0.00002ミリメータ
      となり、ウイルス菌のようにとてつもない超微細サイズのバブルであることがわかります。
      
 上の表から判断出来るように、NBのほうがMBより計算上では80倍程皮膚への接触点が多くなり、
 皮膚吸収効率が格段にアップします。

 ・バブルサイズの違いによる皮膚への接触状態を上のイラストでも説明しています。

・最悪でもナノバブル水はマイクロバブル水と比べ、皮膚接触面積が単純計算上で80倍増えます。
・いったん溶け込んだNB炭酸ガスはあまりにも小さいために目に見えないどころか、温水から抜けにくくな るため比較的温度の高いお湯(42℃〜最大温度45℃)でも飽和炭酸濃度が確保できると同時に、より 長持ちします。

 というわけで弊社タンガスは、高性能の炭酸泉装置になっています。

本装置の開発者からの一言

頭がいたくなるかもしれませんが、こらえて読んでください!

・下記は医学的見地からの見解ではなく、技術科学的見地からのコメントです。
 なお、筆者(開発者)は多数の大手化学プラント工場のプロセス技術者として長年携わってきました。

 体を冷やすと風邪をひく、と昔から言われてきました。

 人体は化学プラントのようなものではないかと考えています。

 つまり、人間の体はすべて解明されている原子から成る分子からできています。
 また、体内には唾液、胃酸をはじめとして各種酵素等を含む化学成分、つまり化学薬品的物質を多数含 んでいます。

 化学反応は所定の条件のもとで
 分子と分子の戦いによっておきますが、これは化学反応そのものです。

 化学反応が生じる際に分子の移動が起き、その作用で微弱電流が流れます。

 人体の場合はこの電流が信号となって脳の各器官に伝えられます。

 信号を受けた脳はその信号を瞬間的に解釈して体の各器官に信号を送信します。

 例えば、心臓に関する信号であれば、心臓を脈動させるように信号を送り続けます。

 これを継続させるには常に化学反応を起こさせる必要があります。

 動物は食べることで生命維持していますが、この食べ物はすべて複合の分子からなる化学物質です。

 分子集合体である食べ物(化学薬品の変形した化学物質)は、口に入り唾液という化学薬品が、口内に ある空気中の酸素とともに反応し栄養素(分子集合体)となって血中に取り込まれ、この栄養素が血中の 酸素と化学反応等々を起こして微電流を発生し信号となって脳へ送られているものと思われます。

 食べること(新しい化学反応物質の取込み)で生命が維持されることは間違いありませんが、そのさい化 学反応を起こさせるには適宜の温度が必要になります。

 体温が下がりすぎる、すなわち温度があまりにも低いと化学反応は生じず、微弱電流も発生しません。
 つまり「死」を招く結果になります。

 したがって、体を冷やす、冷やししすぎると、ろくなことが起きません。
 健康のためには体を温めておく必要があります。

 炭酸泉は足湯だけでも、体がよく温まり、ナノバブルであれば体内奥深く浸透しますから、大きいバブル の炭酸泉と比べ、より効率的に体が温まります。

 「ナノだ、ナノだと騒いでいる」のはこの理由からです。

 健康で過ごす、あるいは病気がちで過ごす、では人生は全く違ってまいります。
 


9.ご注文 
 ご注文の場合は、電話、FAXまたはEメールにて賜わります。
 住所、氏名、電話番号、所要台数、決済方法(現金送金あるいは代引き決済いずれか一方)
 クレジットカード決済はいたしておりません。
    FAX 047-495-5338
    TEL 047-495-5336
    Eメール sugiur @sinyu-giken.co.jp (@マークの前にa を入力してください)。
 ご注文をお待ちいたしております。